心理学を極めたい時にはどんな学び方を選ぶと良いか

優れた研究成果を上げた教員がいる大学がおすすめ

心理学を極めて臨床心理士やカウンセラーなどの専門職を目指したい場合には、数ある大学の中でも心理学の各分野で優れた研究成果を上げた教員がいるところに入学をすることがおすすめです。特に、心理学専攻のカリキュラムが充実している大学の魅力については、様々な進学情報誌や高校生向けのポータルサイトなどで紹介されることがあります。そこで、将来を見据えて本格的に心理学を学べる環境が整っている大学を選ぶうえで、早いうちから興味がある大学のホームページに目を通したり、入学願書を取り寄せたりすることがおすすめです。また、社会心理学や性格心理学など特定の分野を学ぶうえで、ゼミの評判が良い大学を志望校に選ぶのも良いでしょう。

社会人向けの心理学のオンライン教材をチェックしよう

社会人が働きながら心理学について勉強をしたい時には、パソコンやスマホを使って自宅で学べるオンライン教材を上手く活用するという方法もあります。最近では、月々数千円から一万円程度で様々なジャンルの心理学を学べる教材が登場しているため、早いうちから自分に向いている教材を探してみると良いでしょう。また、心理学の基本的な知識や技術を身につけるうえで、社会人向けの検定試験を受験したり、各地で行われている心理学の専門家によるセミナーに参加をしたりするのもおすすめです。その他、心理学の学習をした経験が無い人は、実際に在宅で心理学を学んでいる人の体験談を確認して、長く続けられそうな学習方法を見つけることが大切です。

心理学の大学を卒業した学生は営業の仕事を選ぶ人が多いと言われています。営業はコミュニケーションが求められるため、営業先の人々の心を理解するために心理学で学んだことを使おうと考える人が多いようです。